武寧王(1)(読み)ぶねいおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武寧王(1) ぶねいおう

462-523 百済(くだら)(朝鮮)の第25代国王。在位501-523。
蓋鹵(がいろ)王8年生まれ。東城王の子,またはとも。現在の全羅南道全域を支配(わ)(日本)に五経博士をおくり,梁(りょう)(中国)に朝貢するなど積極的な外交政策をすすめた。1971年発見された王陵より出土した墓誌(買地拳石)によると523年5月7日62歳で死去。名は斯麻(しま),斯摩,

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android