コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武寧王(1) ぶねいおう

1件 の用語解説(武寧王(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武寧王(1) ぶねいおう

462-523 百済(くだら)(朝鮮)の第25代国王。在位501-523。
蓋鹵(がいろ)王8年生まれ。東城王の子,または兄とも。現在の全羅南道全域を支配。倭(わ)(日本)に五経博士をおくり,梁(りょう)(中国)に朝貢するなど積極的な外交政策をすすめた。1971年発見された王陵より出土した墓誌(買地拳石)によると523年5月7日62歳で死去。名は斯麻(しま),斯摩,隆。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武寧王(1)の関連キーワード百済(くだら 朝鮮)武寧(ムリョン/ぶねい)王陵東京マラソン消滅可能性都市武寧王北朝鮮の鉱物資源桜町・花畑地区再開発事業慧遠聖明王高嵩谷

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone