コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフィアルテス Ephialtēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフィアルテス
Ephialtēs

[生]?
[没]前462頃
古代ギリシア,アテネの民主派の政治家。アテネの民主政発展の道を最終的に開いた政治家。親スパルタ派で貴族の支持を得たキモンと対立。前 465年以降将軍職 (ストラテゴス ) につき,スパルタにおけるヘロットの反乱に対するキモンの支援に反対したが,成功しなかった。しかし前 462~461年政敵キモンのスパルタへの派兵の不在を利用し,アレオパゴス会議の実権を奪い,民会 (エクレシア ) ,評議会 (ブーレ ) の実権を確立する法を通した。そのため反対者により,暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エフィアルテス【Ephialtēs】

?‐前461
アテナイ政治家テミストクレスを継いで民主派の指導者となり,寡頭派の領袖キモンとアテナイ政界を二分した。彼は寡頭派貴族の拠点であるアレオパゴス会議の不正を衝いて,その勢威に動揺を与え,次いで前462年,これより先スパルタの大地震にさいして起こったヘイロータイの反乱を抑えるため,数千の重装歩兵からなる援軍を率いてスパルタに渡っていたキモンの留守を狙い,盟友ペリクレスと謀って,武力を背景にアレオパゴス会議の政治的実権を奪った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エフィアルテス
えふぃあるてす
Ephialtes
(?―前462/461)

古代ギリシア、アテネの政治家。テミストクレスの失脚後、民衆派を率いた清廉潔白の士として有名。エウリメドンの会戦にも参戦した。ペリクレスの支持を得ながら政治活動をし、貴族派の領袖(りょうしゅう)キモンに対抗、紀元前462年あるいは461年、彼らの牙城(がじょう)であるアレオパゴスの評議会の諸権能の剥奪(はくだつ)を試み(「エフィアルテスの改革」として知られる)、アテネの民主政の発展に貢献した。しかし、改革直後、貴族たちの激しい憎悪を受け、暗殺された。[真下英信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエフィアルテスの言及

【アテネ】より

…ペルシア軍がギリシア本土から撤退したのち,前477年にエーゲ海周辺諸市の輿望を担って対ペルシア攻守同盟すなわちデロス同盟の盟主の地位に就いたアテナイは,以後,前5世紀末までペロポネソス同盟に拠るスパルタと並んでギリシア世界を支配し,その上に立ってアテナイ民主政を完成させ,かつ文化的創造力を縦横に発揮した。 アテナイ民主政の完成は,前462年のエフィアルテスの改革によって遂げられる。前5世紀に入っても,アテナイでは名門貴族の支配の維持を目ざす寡頭派と,民衆の意向を背景に国政の主導権を握ろうとする民主派との争いが続いた。…

【アレオパゴス会議】より

…殺人罪の裁判が主たる任務であり,古くは氏族制的な血の復讐の慣習に対して国家公共の立場から和解の判決を下す役割を演じ,そこから国家の法秩序や役人の行動をも監視するだけの権威を有していたらしい。前487年アルコン職が抽選になったため,アレオパゴス会議の権力も衰微し,さらに前462年には民主派の指導者エフィアルテスらの提案でアレオパゴスの国政監視の権限は剝奪された。かくして政治的には無力になるが,あらゆる官職のうちでこの会議の議員のみは民主政期にも最後まで終身制であり,特異な権威を保持した。…

※「エフィアルテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エフィアルテスの関連キーワードアレイオス・パゴス会議アロアダイアレス

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android