コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武市安哉 たけち あんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武市安哉 たけち-あんさい

1847-1894 明治時代の自由民権運動家。
弘化(こうか)4年4月1日生まれ。高知の民権運動に参加,自由党員となる。明治18年高知教会で受洗県会議員をへて25年衆議院議員となるが,政治の腐敗に絶望して翌年辞職し,北海道樺戸郡浦臼に27名の青年と入植,聖園農場を建設した。明治27年12月2日死去。48歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

武市安哉

没年:明治27.12.2(1894)
生年:弘化4.4.1(1847.5.15)
クリスチャン自由民権運動家。土佐(高知県)出身。15歳で伯父の武市家を相続。土佐の士族民権運動に参加,自由党員となり,県会議員,衆院議員となる。明治18(1885)年,高知教会で片岡健吉らとキリスト教に入信。自由民権運動の敗北と政治腐敗に絶望して政界を引退。同26年,27人の青年と北海道樺戸郡に入植,キリスト教信仰に基づいた自由と理想の実現をめざし,その場所を神の地「聖園」と名付けた。自由民権とキリスト教を実践しようとした明治期の理想主義者であった。<参考文献>崎山信義『ある自由民権運動者の生涯―武市安哉と聖園』

(原誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

武市安哉の関連キーワード前田 駒次明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android