コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田信実(1) たけだ のぶざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田信実(1) たけだ-のぶざね

?-1541? 戦国時代の武将。
武田元光の子。天文(てんぶん)3年安芸(あき)(広島県)銀山(かなやま)城主武田光和の没後,家督をつぎ,尼子氏と提携する。10年尼子晴久が郡山城包囲戦で毛利元就(もとなり)に敗れたため出雲(いずも)にのがれたとも,敗れて自殺したともいわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武田信実(1)の関連キーワード武田元光

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android