クルーエ(父子)(読み)くるーえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルーエ(父子)
くるーえ

父Jean Clouet(1485ころ―1541ころ)、子Franois Clouet(1505/10ころ―72) フランスの画家。父ジャンはフランドル出身らしく、1516年フランソア1世の画家として初めて名前が現れる。21~25年ころトゥール、その後パリに住んだようである。33年、王の画家、王の小姓に任命されている。名声は当時においてもきわめて高かったが、確実な署名作品はない。ごくわずかな油彩肖像画のみが彼に帰せられている。『ギヨーム・ビュデの肖像』(ニューヨーク、メトロポリタン美術館)などである。一方、彼が得意としたこうした肖像画のための鉛筆、赤チョークなどによる素描類は約130点が彼の作とされ、油彩とともに、精緻(せいち)で優雅な描写、とくに個性的な相貌(そうぼう)の描出において、フランス・ルネサンスの人間表現に一つの段階を画している。
 この父クルーエの死後ただちに、1541年に王の画家となったのが息子のフランソアである。彼もしばしばジャンJean, Janetとよばれるのは、父親との混同であろう。事実、初期には父親と協作をしたようであり、『フランソア1世』(ルーブル美術館)などではそれが指摘される。彼は4代の王に仕え、やはり名声を得て多くの肖像画を描いたが、父の場合よりはるかに洗練された豊かな細部をみせる。また肖像画以外にも『浴槽の貴婦人』(ワシントン、ナショナル・ギャラリー)のような主題も描き、肖像画の画風とともにフォンテンブロー派、17世紀フランス絵画に広い影響を与えている。[中山公男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android