コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田信重 たけだ のぶしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田信重 たけだ-のぶしげ

?-1450 室町時代の武将。
武田信満の長男。上杉禅秀の乱に敗れた父が自刃したとき甲斐(かい)(山梨県)からのがれ,剃髪(ていはつ)して高野山にはいる。甲斐守護に任じられ,のち永享の乱を機に甲斐にもどり,足利持氏征討にくわわる。永享12年持氏の遺児らが挙兵した結城合戦では結城城攻略に参加。宝徳2年11月24日死去。幼名は三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の武田信重の言及

【甲斐国】より

…旧国名。甲州。東海道に属する上国(《延喜式》)。現在の山梨県。
【古代】
 古墳時代の甲斐は,前期には曾根丘陵地帯に銚子塚古墳(中道町)などいくつかの前方後円墳が出現し,後期には分布地域が広がり,姥塚(うばづか)(御坂町),加牟那塚(甲府市)など巨大な横穴式石室を持つ円墳も現れた。これら古墳の築造者で,この地の支配者であった甲斐国造(くにのみやつこ)が,大和の政権に貢上した馬は,“甲斐の黒駒”と呼ばれて名高く,その伝統は平安時代に駒牽(こまびき)の行事となった。…

※「武田信重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武田信重の関連キーワード笛吹(市)安国寺恵瓊英甫永雄武田信長武田信満室町時代雄長老

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android