コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯科用合金 しかようごうきん dental alloy

1件 の用語解説(歯科用合金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しかようごうきん【歯科用合金 dental alloy】

歯を治すのに使われる合金。悪くなった部分を取り除いた孔への詰めもの(インレーアマルガム),歯にかぶせるクラウン,入歯を隣の歯と結ぶクラスプ,入歯の床の材料,あるいは歯の矯正用などとして金属材料が使用されている。人のかむ力は数十kgに達し,繰り返しすりあわさるので,これらの材料は強さが必要であり,入歯の微妙な形が比較的容易にでき,しかも使用中に寸法の変化がなく,口のなかで唾液に長時間接して溶け出したり変質したりせず,人体に害を与えることがあってはならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

歯科用合金の関連キーワード活字合金耐食合金減摩合金焼結合金走狗発火合金継歯斗掻き生産の正味エネルギー卵状体

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歯科用合金の関連情報