死に絶える(読み)シニタエル

デジタル大辞泉の解説

しに‐た・える【死に絶える】

[動ア下一][文]しにた・ゆ[ヤ下二]一家や一門、また民族がことごとく死んで血統がなくなる。また、同種の動物が全部死んでいなくなる。「一族は何年も前に―・えた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しにたえる【死に絶える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 しにた・ゆ
みな死んでしまって、その血筋が絶えてしまう。死に果てる。絶滅する。 「一族は-・えた」 「恐竜はなぜ-・えたのか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死に絶えるの関連情報