急迫(読み)きゅうはく

精選版 日本国語大辞典「急迫」の解説

きゅう‐はく キフ‥【急迫】

〘名〙 (形動)
① 物事の進みぐあいがあわただしいこと。状況がさしせまっていること。また、そのさま。
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「只大事大事と思ひ詰て居る心なれば、自然に自堕落にはせられぬ、急迫に有ふ筈が無ぞ」
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判二「事情甚だ急迫なるを以て、遂に我将官は已むを得ず兵を率て入城せざるべからざるに至れり」
② 敵などが急速に迫ってくること。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉大西洋航海日誌「背の高い、眼の丸い、鼻の尖った男が、例の伝導師の味方になって、大に婦人を急迫(キフハク)する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「急迫」の解説

きゅう‐はく〔キフ‐〕【急迫】

[名](スル)
物事が差し迫った状態になること。せっぱつまること。「事態が急迫する」
などが速にってくること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android