死灰(読み)しかい

精選版 日本国語大辞典「死灰」の解説

し‐かい ‥クヮイ【死灰】

〘名〙
火の気がなくなって冷たくなった。転じて、生気のないもの、情などに動かされない枯れた心のたとえ。
※本朝文粋(1060頃)一・貧女吟〈紀長谷雄〉「形似死灰心未死、含怨難追旧日春」
※われから(1896)〈樋口一葉〉八「五十に足らぬ生涯のほどを死灰(シクヮイ)のやうに終りたる」 〔荘子‐斉物論〕
② 死体を焼いた灰。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「死灰」の解説

し‐かい〔‐クワイ〕【死灰】

火の気がなくなり冷たくなった灰。また、生気のないもののたとえ。
こうべを垂れて、―の如く控えたから」〈鏡花高野聖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「死灰」の解説

【死灰】しかい(くわい)

火の気のない灰。〔荘子、斉物論〕何ぞや。形は(もと)より槁木の如くならしむべく、心は固より死の如くならしむべきか。今のに隱(よ)るは、昔(さき)の机に隱るに非ざるなり。

字通「死」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android