火の気(読み)ほのけ

精選版 日本国語大辞典「火の気」の解説

ほ【火】 の 気(け)

ひのけ。火気(かき)。また、けむり。ほけ。
※神楽歌(9C後)明星・湯立歌「〈本〉伊勢志摩の あまのとねらが 焚く保乃介(ホノけ) おけおけ」

ひ【火】 の 気(け)

のあたたかみ。また、単に火。火気(かき)
曾丹集(11C初か)「かまど山雪はひまなく降りしけど火のけを近みたまらざりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「火の気」の解説

ひ‐の‐け【火の気】

火のあること。火のある気配。また、火の暖かみ。「火の気のない場所から出火する」「寒いので火の気が欲しい」
[類語]ほのおほむら火炎かえん光炎こうえん紅炎こうえん火柱ひばしら火先ほさき火気種火火種口火発火点火着火火付き火加減火持ち残り火おき燠火おきび埋み火炭火火の粉火花火玉花火焚き火迎え火送り火野火

ほ‐の‐け【火の気】

ひのけ。また、けむり。
「伊勢志摩の海人あま刀禰とねらが焚く―」〈神楽・湯立歌〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android