コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の気 ヒノケ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐け【火の気】

火のあること。火のある配。また、の暖かみ。「火の気のない場所から出火する」「寒いので火の気が欲しい」

ほ‐の‐け【火の気】

ひのけ。また、けむり
「伊勢志摩の海人(あま)の刀禰(とね)らが焚く―」〈神楽・湯立歌〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひのけ【火の気】

火のある気配。火のあたたかみ。 「 -の全くない部屋」
火事の元となるような火。火気かき。 「 -のない所から出火した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火の気の関連キーワード火の元灰神楽地火日狐火海鞘火気粛然冷灰死灰

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火の気の関連情報