コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の気 ヒノケ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐の‐け【火の気】

火のあること。火のある配。また、の暖かみ。「火の気のない場所から出火する」「寒いので火の気が欲しい」

ほ‐の‐け【火の気】

ひのけ。また、けむり
「伊勢志摩の海人(あま)の刀禰(とね)らが焚く―」〈神楽・湯立歌〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひのけ【火の気】

火のある気配。火のあたたかみ。 「 -の全くない部屋」
火事の元となるような火。火気かき。 「 -のない所から出火した」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火の気の関連キーワード灰神楽地火日火の元狐火海鞘火気粛然冷灰死灰

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火の気の関連情報