殺気(読み)サッキ

デジタル大辞泉の解説

さっ‐き【殺気】

人を殺そうとする気配。激しい憎悪・敵意に満ちた、不穏な空気・気配。「殺気がみなぎる」「殺気を帯びる」
草木を枯らす寒気

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さっき【殺気】

人を殺そうとする気迫。殺し合いでも起こりそうな険悪な空気。また、荒々しく緊張した気配。 「男の顔には-がみなぎっていた」 「場内の空気は-をはらんできた」
草木を枯らす秋冬の寒気。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殺気の関連情報