コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿村平右衛門(初代) とのむら へいえもん

2件 の用語解説(殿村平右衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

殿村平右衛門(初代) とのむら-へいえもん

1680-1721 江戸時代中期の商人。
延宝8年8月13日生まれ。摂津島下(しましも)郡(大阪府)殿村の人。宝永のころ大坂に出,米屋弥次右衛門家に奉公。正徳(しょうとく)5年独立し,両替商をいとなんだ。屋号は米屋。享保(きょうほう)6年3月14日死去。42歳。名は茂述。案出した江戸為替(かわせ)の方法は,享保8年2代平右衛門のときから実行された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

殿村平右衛門(初代)

没年:享保6.3.14(1721.4.10)
生年:延宝8.8.13(1680.9.5)
江戸時代の大坂の代表的両替商で,屋号は米屋。幼名平吉,長じて茂兵衛,諱 は茂述,一家を興して米屋平右衛門と称した。摂津国島下郡(大阪府茨木市)殿村の生まれ。のち大坂に出て,内淡路町米屋弥次右衛門方に奉公,正徳5(1715)年36歳のとき独立して両替商を始めた。 初代没後の享保8(1723)年2代目のとき,諸藩大坂蔵屋敷から江戸藩邸へ送る資金と,江戸商人が大坂商人に送る資金を為替により相殺する江戸為替の方法を案出したと伝えられる。のち十人両替となり,竜野藩や宇和島藩の蔵屋敷蔵元あるいは掛屋を務め,大坂の大両替商のひとつとなった。幕末まで8代続き,8代目平右衛門は有力富商として,各種御用金を拠出したほか,兵庫商社や明治政府が設立を勧めた大坂通商・為替会社にも鴻池善右衛門家などと共に協力した。<参考文献>宮本又次『大阪町人』

(宮本又郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殿村平右衛門(初代)の関連キーワード殿村茂済十人両替天王寺屋両替商加島屋鴻池善右衛門両替屋殿村平右衛門(8代)平野屋五兵衛(初代)升屋平右衛門(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone