親船(読み)オヤブネ

大辞林 第三版の解説

おやぶね【親船】

何隻かの子船を従え、食料・燃料などの補給をする大きな船。母船。
伝馬船を搭載する大型船の場合、伝馬船を子に見立てた本船の別名。
[句項目] 親船に乗ったよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おや‐ぶね【親船】

〘名〙
① 小を従えた大船。大船は小型の伝馬船を積んでいるところから、親子になぞらえて生じた俗称。転じて大型廻船をいう。
※洒落本・面美知之娌(1789‐1802頃)一「あのあかりは何だろう。親舟(オヤぶね)にしちゃア遠ひぜ」
② 伊勢船の俗称。伊勢船は船型構造が中世末期の伝統を持つため、近世の進歩した弁才船に対して、古様であるところからの称。〔和漢船用集(1766)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親船の関連情報