コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆進税 ぎゃくしんぜいregressive tax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆進税
ぎゃくしんぜい
regressive tax

ある租税の負担者の所得に対するその租税負担額の割合が,所得が上昇するにつれて低下するような性質の租税をいう。たとえば生活必需品に一定税率物品税が賦課された場合に,形式的に考えれば課税標準となるその物品の量または価額に対する課税率は一定であるので,この税は比例税であるといえる。しかし実際には,生活必需品の消費は所得の上昇に比例してふえるわけではなく,消費者の家計の所得に対する物品税の負担額の割合 (負担率) を考えると,低所得者に重く,所得の上昇に伴って低下するものと考えられる。このため生活必需品に対する間接税は逆進税とみなされる。 (→累進税 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎゃくしんぜい【逆進税】

課税標準が大きくなるに従って低い税率が適用される税。累減税。累退税。 → 累進税

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逆進税
ぎゃくしんぜい
regressive tax

課税標準が大きくなるにつれて税率が低くなっていく仕組みの租税。累進税に対する語。現在のわが国の税制上は逆進税は存在しないが、定額税や生活必需品に対する間接税は、所得が高い者も低い者も同じ税額を負担することになり、所得額が高くなるほどそのなかに占める課税額の割合はしだいに減少していくので、逆進的性格をもっているといえる。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の逆進税の言及

【累進税・逆進税】より

…租税は主として課税標準と税率により規定されるが,課税標準の増大に伴って税率が上昇する税を累進税といい,課税標準の増大とともに税率の低下するような税を逆進税という。納税者の租税負担能力は今日では主として所得にあると考えられているが,累進税や逆進税も,一般的には所得に対する租税負担額の割合が所得の増大に伴って上昇するか低下するかによって定義する。…

※「逆進税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

逆進税の関連キーワード累進税・逆進税一般消費税犠牲説累退税

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android