コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比重瓶 ひじゅうびんpycnometer; specific-gravity bottle

5件 の用語解説(比重瓶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比重瓶
ひじゅうびん
pycnometer; specific-gravity bottle

比重計の1種。ピクノメータともいう。粒状や細片状の固体または液体の比重や密度の測定用に使用するガラス瓶。からの比重瓶,標準水 (4℃の純水) を満たした比重瓶,液体試料を満たした比重瓶,固体試料を入れた比重瓶の質量を測定すれば,これらから試料の比重や密度が求められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひじゅう‐びん〔ヒヂユウ‐〕【比重瓶】

比重計の一。主に液体の測定に用いる。小形のガラス瓶で、試料と水の重さを測定して比重を求める。ピクノメーター

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひじゅうびん【比重瓶 pycnometer】

ピクノメーターともいう。液体,固体の比重・密度を測定するために一定体積の試料をはかりとる容器(図)。液体用比重瓶は,乾燥させたからの容器をWと秤量し,次に蒸留水を標線まで入れてWwと秤量し,からの秤量との差を水の比重dwで割算すると体積を得るので,試料を同様に入れてWlと秤量し,からの秤量との差を体積で割算して,液体の比重dlを得る。となる。体積の精度をあげるため標線部を細くする。蒸発を防止するためふたをするなどの改良を施したものを用い,蒸留水や試料の温度を一定にし,秤量時の空気の比重を知り,空気浮力の補正を行えば精密な測定が可能である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひじゅうびん【比重瓶】

比重計の一。主に液体の比重を測るための容器。ある液体を満たしたときの質量と、水を満たしたときの質量を測って比重を求める。ピクノメーター。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比重瓶
ひじゅうびん
pycnometer

液体あるいは固体の比重または密度を測定するための小形ガラス容器で、目的・用途に応じてさまざまな形状のものが使われる。ピクノメーターともいう。容器の内容積を求めておき、一定温度で密度未知の液体を満たしたものの重量を測定し、空容器の重量を差し引いて内容積で割れば密度を得る。高粘度液体や固体の密度もほぼ同様の原理で測定される。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone