コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利扶揺 もうり ふよう

1件 の用語解説(毛利扶揺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利扶揺 もうり-ふよう

1730-1786 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)15年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)佐伯(さいき)藩主毛利高慶(たかやす)の子。常陸(ひたち)水戸藩の重臣山野辺氏の養子となる。宇佐美灊水(しんすい),大内熊耳(ゆうじ)にまなび,博学で詩文をよくした。天明6年7月11日死去。57歳。名は聚。字(あざな)は公錦。通称は図書。別号に壺邱(こきゅう),南豊。漢詩集に「壺丘詩稿」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

毛利扶揺の関連キーワード入江正雄倉光亀峰後藤厚甫竹内長水長万年滕元鳳永原南山丹羽雲気墨隠姥柳有莘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone