コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛呂清氏 もろ きようじ

1件 の用語解説(毛呂清氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛呂清氏 もろ-きようじ

1827-1897 幕末-明治時代の歌人。
文政10年生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)朝来(あさこ)郡の諏訪神社の神職。叔父の宮本池臣にまなぶ。与謝野礼厳(よさの-れいごん)とまじわり,万葉調の歌をつくり,生地丹後(京都府)与謝郡岩滝町で指導した。明治30年死去。71歳。歌集に「柿の朽葉」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

毛呂清氏の関連キーワード尾崎宍夫会田安昌井関照子堅田種知河内荻子新貝直蔭瀬見善水久郷恭慶藤田広見弓の屋春兄

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone