コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛呂清氏 もろ きようじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛呂清氏 もろ-きようじ

1827-1897 幕末-明治時代の歌人。
文政10年生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)朝来(あさこ)郡の諏訪神社の神職。叔父の宮本池臣にまなぶ。与謝野礼厳(よさの-れいごん)とまじわり,万葉調の歌をつくり,生地丹後(京都府)与謝郡岩滝町で指導した。明治30年死去。71歳。歌集に「柿の朽葉」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

毛呂清氏の関連キーワード東京大学国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロランカニングカニング

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone