コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毯代 タンダイ

デジタル大辞泉の解説

たん‐だい【×毯代】

布帛(ふはく)を染めて毛氈(もうせん)の代用とした敷物宮中床子(しょうじ)や倚子(いし)の下に敷いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毯代
たんだい

古代の敷物。毯とは、けむしろ、毛氈(もうせん)の意で、色糸を交織にして文様を出す毛織物のことであるが、原料が入手難のため、布帛(ふはく)で代用したのがこの毯代である。錦(にしき)、綾(あや)、刺しゅう、染めなどで華やかな文様を施し、倚子(いし)や床子(しょうじ)の下に敷いたり、通路として筵道(えんどう)の上に使用したりした。『江家次第(ごうけしだい)』『西宮記(さいぐうき)』などにその使用例がみられる。[山内まみ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

毯代の関連キーワード布毯布帛

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android