コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民主主義文学 みんしゅしゅぎぶんがく

大辞林 第三版の解説

みんしゅしゅぎぶんがく【民主主義文学】

民主主義の原理、特に自由と平等の理念に立つ文学。
敗戦直後の昭和20年末、蔵原惟人・徳永直・宮本百合子らを発起人とする新日本文学会が提唱した文学。機関誌「新日本文学」を発刊、民主主義の徹底した実現と民主的進歩的文学者の広範な統一戦線とを目指した。1950年(昭和25)コミンフォルムの日本共産党批判を契機に分裂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民主主義文学
みんしゅしゅぎぶんがく

第二次世界大戦後、蔵原惟人(くらはらこれひと)、中野重治(しげはる)、宮本百合子(ゆりこ)らが中心となって、戦前のプロレタリア文学の継承発展を目ざした文学運動。1945年(昭和20)12月「新日本文学会」が結成され、翌年3月機関誌『新日本文学』が創刊された。プロレタリア文学の闘争第一主義を克服し、国民的な広がりを求めて、志賀直哉(なおや)、広津和郎(かずお)、正宗白鳥(まさむねはくちょう)らを賛助会員に迎えたが、出発当初から荒正人(あらまさひと)、平野謙(けん)らとの間で政治と文学をめぐる激論が展開され、広範な民主主義文学者の結集という目標からは遠ざかった。50年には共産党内部の対立から『人民文学』が創刊され、65年には会を除名された党員文学者を中心に「日本民主主義文学同盟」が結成され、機関誌『民主文学』が創刊された。[伊豆利彦]
『平野謙他編『討論 日本プロレタリア文学運動史』(1955・三一書房) ▽中島健蔵・中野重治編『戦後十年日本文学の歩み』(1956・青木書店) ▽日本民主主義文学同盟編・刊『民主文学』創刊号(1965・新日本出版社発売) ▽佐藤静夫著『戦後文学の三十年』(1976・光和堂) ▽窪田精著『文学運動のなかで――戦後民主主義文学私記』(1978・光和堂) ▽本多秋五著『物語 戦後文学史』全3冊(1992・岩波書店) ▽霜多正次著『ちゅらかさ――民主主義文学運動と私』(1993・こうち書房刊、桐書房発売)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

民主主義文学の関連キーワード日本民主主義文学会コミンフォルム帆足 図南次新日本文学会小田切 秀雄宮本 百合子中本 たか子水野 明善窪川鶴次郎戦後派文学半田 義之手塚 英孝草鹿 外吉山口 勇子西野 辰吉岩倉 政治霜多 正次三谷 秀治小田切秀雄浜田 隼雄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android