コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気付 キヅケ

デジタル大辞泉の解説

き‐づけ【気付】

《「きつけ」とも》郵便物を、相手の現住所ではなく、その人の勤め先や立ち寄り先へ送ること。また、そのとき、あて先の下に付ける語。「ホテル気付で手紙を出す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きづけ【気付】

郵便物を、相手方の住所ではなく、相手の立ち寄り先や関係のある場所あてに送る時、あて先の下に書く語。 「 A 社-山本先生」 〔英語の care of; c/o から〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

気付の関連キーワード骨粗鬆症(こつそしょうしょう)いわき市の老人介護施設の火災獣を逐う者は目に太山を見ず瑕疵 (かし) 担保責任ボトムアップテストコーラン焼却事件オープン・エンド春眠暁を覚えずゾンビパソコンメルカプタンアンモニア水発問/発問法ペルディータ消費者契約法声を忍ばせるストーキング監視ソフト欠点列挙法御気付き118番

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気付の関連情報