コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芹沢光治良 せりざわこうじろう

6件 の用語解説(芹沢光治良の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芹沢光治良
せりざわこうじろう

[生]1896/1897.5.4. 静岡,楊原
[没]1993.3.23. 東京
小説家。 1922年東京大学経済学部卒業。3年後渡仏しパリ大学経済学部に入学したが,病を得て 29年帰国。在仏時代の経験に基づく『ブルジョア』 (1930) を発表,作家生活に入った。知性と抒情の調和したフランス的な作風で知られ,新興芸術派の有力メンバーとして『明日を追うて』 (31) ,『椅子を探す』 (32) ,『橋の手前』 (33) などを発表,革命運動に対する良心的知識人の立場を貫いて同伴者作家と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せりざわ‐こうじろう〔せりざはクワウヂラウ〕【芹沢光治良】

[1897~1993]小説家。静岡の生まれ。ヒューマニズムと明るい文体をそなえた作風で知られた。作「巴里に死す」「人間の運命」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

芹沢光治良【せりざわこうじろう】

小説家。静岡県生れ。東大経済学部卒。フランスに留学し,帰国後の1930年,《ブルジョア》が雑誌《改造》の懸賞小説に当選,文壇に出た。郷里や父母を扱った作品と,在欧生活に取材した作品がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芹沢光治良 せりざわ-こうじろう

1896-1993 昭和時代の小説家。
明治29年5月4日生まれ。農商務省勤務をへて,フランスに留学。昭和5年小説「ブルジョア」で作家活動にはいる。「巴里(パリ)に死す」などがフランス語訳されている。40年日本ペンクラブ会長。44年芸術院賞。45年芸術院会員。平成5年3月23日死去。96歳。静岡県出身。東京帝大経済学部卒。作品に「人間の運命」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

せりざわこうじろう【芹沢光治良】

1897~1993) 小説家。静岡県生まれ。東大卒。西欧ヒューマニズムの精神を根底にした知的な文体で、自らの海外体験などを描く。「巴里に死す」、自伝的教養小説「人間の運命」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芹沢光治良
せりざわこうじろう
(1897―1993)

小説家。明治30年5月4日、静岡県楊原(やなぎはら)村(沼津市)に生まれる。父が天理教に入信し、全財産を神に捧(ささ)げたので、叔父の家で育てられた。他人の援助を受けて、第一高等学校、東京帝国大学に学び、経済学部を卒業。農商務省の官吏を経て、フランスに留学。滞仏中結核にかかり、スイスで療養。その療養生活を素材とした『ブルジョア』(1930)が『改造』の懸賞小説に一等当選、文壇にデビューした。続いて『明日を追うて』(1931)、『椅子(いす)を探す』(1932)、『橋の手前』(1933)などを発表、そのリアルな良心的作風で同伴者作家と目された。昭和10年代は、戦争の時代を背景にした『愛と死の書』(1939)、パリを背景に女性の生き方を描いた『巴里(パリ)に死す』(1942)などの長編小説で注目された。第二次世界大戦後は、ペンクラブの代表として活躍のかたわら、長編の自伝小説『人間の運命』(1962~68)を完成。代表作が相次いで仏訳され、国際的に知名の作家となった。[山田博光]
『『芹沢光治良作品集』全16巻(1974~80・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の芹沢光治良の言及

【改造】より

…いっぽう,文芸欄は文壇の登竜門としての権威をもち,志賀直哉《暗夜行路》,中条(宮本)百合子《伸子》,芥川竜之介《河童》などの名作も生まれた。評論家の宮本顕治,小林秀雄,作家の芹沢光治良らが懸賞評論,懸賞小説から文壇に出ている。改造社は《女性改造》(1922‐24,46‐51),《文芸》(1933‐44)などの雑誌も発行したほか,単行本の出版もし,いわゆる円本時代の端緒をひらき,29年には《改造文庫》を発刊した。…

※「芹沢光治良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芹沢光治良の関連キーワード村上得明十代三輪休雪森有恕小田無庵5/4乗則静岡県静岡市駿河区池田静岡県静岡市駿河区静岡県静岡市駿河区登呂静岡県富士市増川富士田千蔵(5代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芹沢光治良の関連情報