コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気化爆弾 きかばくだんFuel air explosive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気化爆弾
きかばくだん
Fuel air explosive

酸化エチレン,酸化プロピレンなどの燃料を詰めて投下し,地表近くでエアロゾル状態に拡散させ信管によって爆発させる爆弾。蒸気雲爆発の仕組みを応用したもので,通常の爆弾の威力に加えて非常に高圧の爆風を起こすため,地雷の除去などにも有効。アメリカが湾岸戦争で使用したクラスター爆弾 (集束爆弾) 型の CBU-72は,酸化エチレン約 30kgを充填した子爆弾1個が高度約 10mで半径約 10m,厚さ約 2.5mのエアロゾルの層を形成し,爆発する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

気化爆弾の関連キーワード劣化ウラン弾軍事技術航空爆弾FAE兵器

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気化爆弾の関連情報