コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気遠い ケドオイ

デジタル大辞泉の解説

け‐どお・い〔‐どほい〕【気遠い】

[形][文]けどほ・し[ク]
遠く隔たっているさま。遠く離れている。
「祇園祭の稽古囃子(ばやし)が流を渡って―・く聞えて来る」〈風葉青春
人けがなくてものさびしい。
「いとど狐の住みかになりて、うとましう―・き木立ちに」〈・蓬生〉
よそよそしい。親しみにくい。
「男子(をのこご)にはうち解くまじきものなりと父大臣(おとど)きこえ給ひて、―・くなりたるを」〈・少女〉
なじみが薄い。
「白樫といふものは、まいて深山木(みやまぎ)のなかにもいと―・くて」〈・四〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

気遠いの関連キーワード白樫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気遠いの関連情報