水入り(読み)みずいり

  • ▽水▽入り
  • すいり
  • みずいり〔みづ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相撲用語。一時引き分けること。双方が長時間四つに組み,決め手がないまま取り疲れたとき,行司が土俵下の5人の審判委員の許可を得て一時中止を宣し休養を与える。土俵下でをつけ小休止ののち,元の体形取り直しをする。水入りは2度までで,それでも勝負がつかない場合は2番後に取り直しとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

相撲の取組が長引いた時、「水入り」となる。赤(あかぶさ)(土俵上の吊り屋根屋形の東寄り隅に下げられる赤色の房)下に控える時計係審判が取組の時間を計時しているが、目安として4分を過ぎると行司に合図して、両力士の動きを止める。組み手や足の位置を確認した上で東西の土俵下の控えに分け、力水を付けさせることからこの呼び名がある。さらに取組再開後、目安としてさらに4分、計8分が過ぎると、再度水入りとなり、通常は2番後に取り直し、となる。近年では2001年夏場所で武双山と琴光喜の対戦が2番後取り直しとなった。

(根岸敦生 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

《「すいいり」の音変化》水にもぐること。潜水。また、潜水を職業とする人。
「―ヲスル」〈和英語林集成
水がはいっていること。また、そのもの。
相撲で、取り組んで勝負がつかず長時間たったとき、勝負を一時中断して休ませ、力水(ちからみず)をつけさせて、前と同じ形に組んで取り直しをさせること。「水入りの大一番」
歌舞伎の演出で、役者が本物の水につかること。特に「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」で助六が用水桶(おけ)の中に隠れる場面をいう。
歌舞伎の鬘(かつら)で、毛髪に漆を塗って光沢を出したもの。水に濡れた状態を表す。
が水に入っている部分。喫水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

勝負が長引いた時、行司などの判断で取組を一時中止して力士に力水をつけさせること。元の体勢で再開するが、これが二度あって決着がつかない時には二番後取り直しに持ち込まれ、仕切りからやり直す。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

相撲で、長く組み合ったまま勝負がつかないとき、勝負を一時中断し、力士を土俵下で力水ちからみずを与えてしばらく休ませること。 -の大一番
船の水にはいる部分。足入り。入り足。ふなあし。吃水。
歌舞伎で、役者が実際に水にはいること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水入りの関連情報