コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水増資本 みずまししほんwatered capital

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水増資本
みずまししほん
watered capital

水割資本とも呼ぶ。企業資産の評価に際して,自己資本を実際以上に過大評価している資本。水増の操作には出資物件の過大評価,棚卸資産の過大評価,固定資産の過少償却,諸支払準備金の過少積立て,有形資産などの過大評価がその代表的なもので,多くは業績不振の隠蔽,利益の捻出などを目的とした操作である。こうした蛸配当を続けると企業内容は悪化し,結局は株主,債権者に損害を与えることになるため,このような資本の水増は商法によって禁じられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android