コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水木歌仙(3代) みずき かせん

2件 の用語解説(水木歌仙(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水木歌仙(3代) みずき-かせん

1803-1873 江戸後期-明治時代の舞踊家。
享和3年生まれ。2代歌仙の養女,または実子。水木流3代家元で,所作事にすぐれた。本名は粂(くめ)。美貌で知られ,名女方瀬川菊之丞の俳名にちなみ,路考お粂とよばれた。明治6年7月15日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

水木歌仙(3代)

没年:明治6.7.15(1873)
生年:享和3(1803)
幕末期江戸の舞踊の名手。日本舞踊水木流3代目家元。旧幕臣の娘で,2代目水木歌仙の実子(養女とも)。本名粂。美貌の女形瀬川菊之丞の通称路考にちなみ「路考お粂」と評判された江戸美人。『御狂言師番付』(1852)では踊師匠112名の筆頭に挙げられている。<参考文献>関根只誠編『名人忌辰録』

(丸茂祐佳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水木歌仙(3代)の関連キーワード志賀山流新舞踊日本舞踊水木流新舞踊劇運動藤間新垣松含佐渡島長蔵阪東秀代(初代)水木歌仙(初代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone