コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水毒 すいどく

4件 の用語解説(水毒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水毒
すいどく

日本の漢方医学では,水分の代謝が変調を起こしたものをいう。しかし中医学では,谷川の汚染された疫水を指し,これにより住血吸虫に感染するものをいう。漢方医学では,むくみ,目まい,耳鳴り,頭痛,関節痛などは,水毒によるものと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すい‐どく【水毒】

漢方で、水分の代謝が変調を起こしたもの。むくみ・胃内停水など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいどく【水毒】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

水毒

中国の伝統医学である中医学(いわゆる漢方)で、身体に余分な水分がたまっている状態を指す言葉。水毒は、水分を必要以上にとったり、排泄機能が低下していたりすることから起こり、むくみや水太り、鼻水や痰、多汗やめまい、むくみや冷え、こりといった不調を起こすといわれている。 水毒に至る原因は、中医学では食事の偏りや運動不足にあるとされている。

(2015-6-23)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水毒の関連キーワード横根驚風風毒虫を起こす当り物細胞外水分脂質代謝障害代謝調節低酸素内因性代謝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水毒の関連情報