コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住血吸虫 じゅうけつきゅうちゅう Schistosoma; schistosome

4件 の用語解説(住血吸虫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住血吸虫
じゅうけつきゅうちゅう
Schistosoma; schistosome

扁形動物,吸虫類に属し,ヒト,ウシ,ヒツジ,イヌなど,広く脊椎動物の血液中に寄生する寄生虫をいう。人体寄生のものはシストソマ属で,ミヤイリガイ中間宿主とする日本住血吸虫のほか,アフリカポルトガル西アジアに分布するビルハルツ住血吸虫,アフリカ,南米,西インド諸島に分布するマンソン住血吸虫などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅうけつ‐きゅうちゅう〔ヂユウケツキフチユウ〕【住血吸虫】

吸虫綱住血吸虫科の寄生虫の総称。雌雄異体。人・牛・羊などの肝臓・血管内などに寄生。中間宿主は巻き貝類。日本住血吸虫など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうけつきゅうちゅう【住血吸虫】

扁形動物、吸虫綱住血吸虫科の寄生虫の総称。糸状で、哺乳類・鳥類の血管内に寄生する。雌雄異体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住血吸虫
じゅうけつきゅうちゅう
blood fluke

扁形(へんけい)動物門吸虫綱二生(にせい)亜綱住血吸虫科に属する寄生虫の総称。成虫は細長く線虫状で、哺乳(ほにゅう)類や鳥類の血管系に寄生する。吸虫は一般に雌雄同体であるが、住血吸虫は二次的に雌雄異体となり、雄はその腹面を縦走する抱雌管という溝に雌を抱きかかえている。中間宿主の貝から水中に遊出した幼虫のセルカリアが直接固有宿主の皮膚から侵入する。
 日本住血吸虫Schistosoma japonicumは、ヒト、ウシ、ネコ、イヌ、ネズミなどの門脈に寄生し、日本、中国、台湾、フィリピン、タイ、インドネシアなどに分布する。日本では山梨県甲府盆地、広島県片山(かたやま)地方、筑後(ちくご)川下流域、利根(とね)川下流域などに分布したが、これらはいずれも中間宿主であるカタヤマガイ(ミヤイリガイともいう)の生息地である。2010年の時点で、日本で患者の発生はみられない。成虫は雄で長さ12~20ミリメートル、幅0.5ミリメートル、雌で長さ25ミリメートル、幅0.3ミリメートル、雄は抱雌管により雌を抱く。このように合体した雌雄は腸壁の毛細血管へさかのぼって産卵する。卵は血管の栓塞(せんそく)をおこし、周囲の粘膜の壊死(えし)により腸の内腔(ないこう)内に出て糞便(ふんべん)とともに排出されるが、一部の卵は門脈の流れにのって肝臓その他の臓器に運ばれる。排出された卵は水中で孵化(ふか)してミラシジウムとなって遊出する。ミラシジウムは中間宿主のカタヤマガイに侵入し、貝の体内でスポロシスト、セルカリアと発育するが、1個のミラシジウムから数千、数万のセルカリアができる。セルカリアは尾端が二分した岐尾(きび)セルカリアで、貝から出て水中を遊泳し、固有宿主の皮膚から侵入する。侵入後幼虫は血流にのり、心臓から肺循環、大循環さらに腸間膜動脈から門脈に至り成虫になる。固有宿主に侵入してから成虫になるまで約40日を要する。日本住血吸虫は1904年(明治37)桂田富士郎(かつらだふじろう)により、山梨県の流行地のネコの門脈から雄虫が発見され、命名記載された。カタヤマガイが中間宿主であることを証明したのは、1913年(大正2)宮入慶之助(みやいりけいのすけ)と鈴木稔(みのる)である。
 このほかヒトの住血吸虫として重要なものに、マンソン住血吸虫Schistosoma mansoni(アフリカや南アメリカに分布し、成虫はヒトの門脈に寄生)とビルハルツ住血吸虫S. haematobium(アフリカや中近東に分布し、成虫はヒトの膀胱(ぼうこう)などの血管に寄生)がある。[町田昌昭]

日本住血吸虫症

成虫が門脈をさかのぼって腸壁の毛細血管内で産卵を始めると、腸粘膜の損傷により腹痛、発熱や粘血便を排出する。慢性に移行すると、肝臓における卵栓塞の結果、肝硬変、腹水、貧血などを招き、重症では死亡する。また、卵が血流にのって脳血管を栓塞し、てんかん様発作などの脳症状をおこす例もある。[町田昌昭]

住血吸虫セルカリア皮膚炎

日本住血吸虫のセルカリアによってもおこるが、このほか鳥に寄生する住血吸虫、たとえばムクドリ住血吸虫Gigantobilharzia sturniae(中間宿主はヒラマキモドキ)やカモのTrichobilharzia physellae(中間宿主はモノアラガイ、ヒメモノアラガイ)のセルカリアがヒトの皮膚から侵入し、かゆみを伴った皮膚炎を引き起こす。水田で作業中に発症することが多いので水田性皮膚炎ともいう。[町田昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住血吸虫の関連キーワード渦虫類吸虫類条虫類動物界吸虫肝てつ(蛭)吸虫類感染カンテツ(肝蛭)キュウチュウ(吸虫)ハイキュウチュウ(肺吸虫)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住血吸虫の関連情報