コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水玉草 ミズタマソウ

デジタル大辞泉の解説

みずたま‐そう〔みづたまサウ〕【水玉草】

アカバナ科の多年草。山野の林下に生え、高さ40~60センチ。茎の節がやや膨らみ、長卵形の葉が対生する。夏、白い小花を総状につけ、実はほぼ球形で、白い毛が密生する。
ホシクサの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずたまそう【水玉草】

アカバナ科の多年草。林中の湿地に自生。高さ約40センチメートル。葉は対生し、狭卵形。夏から秋にかけ、白色の花弁二、緑色の萼片がくへん二からなる小花が総状につく。果実は小卵形で毛がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水玉草の関連キーワード緑色林下球形山野白色湿地総状自生小花林中果実

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android