コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水玉草 ミズタマソウ

デジタル大辞泉の解説

みずたま‐そう〔みづたまサウ〕【水玉草】

アカバナ科の多年草。山野の林下に生え、高さ40~60センチ。茎の節がやや膨らみ、長卵形の葉が対生する。夏、白い小花を総状につけ、実はほぼ球形で、白い毛が密生する。
ホシクサの別名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みずたまそう【水玉草】

アカバナ科の多年草。林中の湿地に自生。高さ約40センチメートル。葉は対生し、狭卵形。夏から秋にかけ、白色の花弁二、緑色の萼片がくへん二からなる小花が総状につく。果実は小卵形で毛がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

水玉草 (ミズタマソウ)

植物。ホシクサ科の一年草。ホシクサの別称

水玉草 (ミズタマソウ)

学名:Circaea mollis
植物。アカバナ科多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

水玉草の関連キーワード緑色林下球形山野白色湿地総状自生小花林中果実

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android