コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水蠆 ヤゴ

デジタル大辞泉の解説

やご【水蠆】

トンボ類の幼虫。水中にすみ、羽化までふつう1~3年かかる。体は円筒形でやや平たく、下唇の先端にあるはさみを突き出して小動物を捕らえる。直腸の変化した気管鰓(えら)で呼吸するが、イトトンボ類では尾端に3枚の鰓をもつ。やまめ。たいこむし。 夏》

やま‐め【水蠆】

ヤンマの幼虫。やご

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やご【水蠆】

トンボの幼虫。淡水中で生活し、歩行・遊泳しながら小動物を捕食する。七~一三回ほど脱皮をして成長し、羽化まで1~3年を要するものが多い。タイコムシ。ヤマメ。

やまめ【水蠆】

ヤゴの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

水蠆 (ヤゴ)

動物。トンボ類の幼虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

水蠆の関連キーワードヤマメ異名ヤゴ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android