コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜻蜓 セイテイ

4件 の用語解説(蜻蜓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せい‐てい【××蜓】

ヤンマの別名。

やんま【蜻蜓】

トンボ目ヤンマ科の昆虫の総称。体長6センチ以上あり、体は長く太めで、複眼も大きい。翅(はね)は幅広く、翅脈(しみゃく)が太い。昆虫類中最も速く飛ぶ。ギンヤンマ・ルリボシヤンマ・カトリヤンマなど。
大形のトンボ。ギンヤンマオニヤンマムカシヤンマウチワヤンマなど。 秋》「山の端を―かへすや破れ笠/其角
トンボの別名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいてい【蜻蜓】

ヤンマの異名。 〔伊京集〕

やんま【蜻蜓】

ヤンマ科のトンボの総称。多くは体長6センチメートル 以上の大形のトンボ。複眼が頭頂で接する。一定の場所を往復して飛ぶ習性がある。ギンヤンマ・ルリボシヤンマ・コシボソヤンマなど。なお、オニヤンマ科・ムカシヤンマ科およびサナエトンボ科の大形種も含めた俗称として用いることもある。 [季] 秋。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone