コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水調 スイジョウ

大辞林 第三版の解説

すいじょう【水調】

雅楽の調子の一。黄鐘おうしき調の枝調子えだちようし。呂旋りよせんに属する。現行では曲は黄鐘調に併合させ、箏そうと琵琶の調弦に残るのみ。すいちょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水調の言及

【調子】より

…六調子は五行説と結びついて,四季に配されたり,葬儀には盤渉調の曲を用いるなどのこともある。 以上のほかに,枝調子(えだちようし)という概念があり,黄鐘調で箏を呂に調弦するものを水調(すいちよう)といったり,壱越調の中の特定の曲を沙陀調(さだちよう)とするなどがそれである。 高麗楽には三調子と総称する高麗壱越調,高麗平調,高麗双調がある。…

※「水調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

水調の関連キーワード十寸見河東(2世)ハイパードルフィンしんかい二〇〇〇しんかい6500トリエステ2世自走潜水調査艇スラープガン渡良瀬遊水地大村 嘉代子国土調査法九頭竜ダム沖縄トラフ大村嘉代子新川[町]五十里ダム潜水調査船多目的ダム深海潜水艇玉川ダム倉敷ダム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android