枝調子(読み)えだぢょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枝調子
えだぢょうし

雅楽の音階理論用語。唐楽曲において,旋律を構成する音は多少異なるが主音が同じであるために,六調子のなかのいずれかの調子に組入れられた調子。『竜名抄』には,性調 (せいちょう) ,道 (どう) 調,水 (すい) 調,乞食 (こつじき) 調,沙陀 (さだ) 調,中呂 (ちゅうりょ) 調,小石 (食) 調の七調があげられている。現在では『陵王』の音取 (ねとり) として,壱越 (いちこつ) 調の枝調子である沙陀調の音取と,箏と琵琶に黄鐘 (おうしき) 調の枝調子である水調調弦にのみ,その痕跡がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

えだちょうし【枝調子】

雅楽で、基本の六調子に対して、主音は同じで音階の違う調子。壱越いちこつ調に対しての沙陀さだ調、黄鐘おうしき調に対する水調など五種がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の枝調子の言及

【雅楽】より

…このうち平調と太食調とはともに平調音(ホ音)を宮(主音)とするが,律・呂の違いにより別調とされる。唐楽の調子がこのようにまとめられたのは平安時代中期のことで,それまで十指にあまる調子があったのを〈母(おも)調子〉6調に整理し,他をすべて母調子いずれかの〈枝(えだ)調子〉としたのである(後出[楽制改革]を参照)。高麗楽には壱越調,平調,双調の3種があり,それぞれ唐楽より2律(長2度)高いので高麗壱越調,高麗平調,高麗双調といって区別する。…

【調】より

…現行の六調子(壱越(いちこつ)調,双調,太食(たいしき)調,平(ひよう)調,黄鐘(おうしき)調,盤渉(ばんしき)調)は表の同名調と等しい。六調子のほかの枝調子(沙陀(さだ)調,乞食(こつしき)調,水調,性調,道調など)も古くは用いられ,それらもほとんどは唐代俗楽二十八調に含まれる。【三谷 陽子】
[西洋]
 英語のkey,ドイツ語のTonartに相当する概念で,西洋の音楽理論においては長調あるいは短調が特定の音(x)を主音(中心音)とした場合にこれをx調という。…

【調子】より

…六調子は五行説と結びついて,四季に配されたり,葬儀には盤渉調の曲を用いるなどのこともある。 以上のほかに,枝調子(えだちようし)という概念があり,黄鐘調で箏を呂に調弦するものを水調(すいちよう)といったり,壱越調の中の特定の曲を沙陀調(さだちよう)とするなどがそれである。 高麗楽には三調子と総称する高麗壱越調,高麗平調,高麗双調がある。…

※「枝調子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android