コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水谷まさる みずたに まさる

2件 の用語解説(水谷まさるの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水谷まさる みずたに-まさる

1894-1950 大正-昭和時代の童話作家。
明治27年12月25日生まれ。少女雑誌の編集者をへて著述生活にはいる。昭和3年千葉省三らと同人誌「童話文学」を発刊,同誌に「手袋」「野ばら」などを発表した。昭和25年5月25日死去。55歳。東京出身。早大卒。本名は勝。作品に童話集「葉つぱのめがね」,詩集「水色の花」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水谷まさる
みずたにまさる
(1894―1950)

詩人、児童文学者。東京生まれ。本名勝。早稲田(わせだ)大学英文科を卒業。コドモ社に入社、東京社を経て著述生活に入った。『良友』『童話』『金の星』などに、童謡や童話、読み物を発表。1928年(昭和3)千葉省三、酒井朝彦らと同人誌『童話文学』を創刊、『手袋』『野ばら』などを発表した。子供たちの実生活のなかのささやかな事件を、ヒューマンな心情で描いたものが多い。童話集『葉つぱのめがね』(1935)のほか、少女小説も多い。[二上洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水谷まさるの関連キーワード蘆谷蘆村安倍季雄宇野茗翠大西巨口酒井朝彦相良和子塚原健二郎野辺地天馬松原至大水田光子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone