水酸化クロム(読み)すいさんかクロム(英語表記)chromium hydroxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水酸化クロム
すいさんかクロム
chromium hydroxide

(1) 水酸化クロム (II) ,水酸化第一クロム  Cr(OH)2 。空気を絶って2価のクロム塩水溶液をつくり,アルカリを加えると黄色沈殿として生成。強い還元力がある。 (2) 水酸化クロム (III) ,水酸化第二クロム 便宜上,化学式は Cr(OH)3 と書かれるが,実際には酸化クロム (III) 水和物 Cr2O3・nH2O である。3価のクロム塩にアンモニアを加えれば灰緑色の沈殿として得られる。3水塩 Cr(OH)3・3H2O は青緑色粉末,水に不溶。生成したばかりの水酸化物は酸に溶け,青ないし緑色溶液を生じるが,時間のたったものは酸に溶けにくい。 Cr(OH)3nH2O は漆黒のガラス状の光沢のある粉末。アルコール,パラフィンの脱水素反応の触媒に用いられる。ジニエットグリーン Cr2O(OH) は緑色顔料,皮なめし,触媒,媒染剤などとして用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんかクロム【水酸化クロム chromium hydroxide】

クロムの酸化数IIおよびIIIの化合物が知られている。
[水酸化クロム(II)]
 化学式Cr(OH)2。空気を断ってクロム(II)水溶液に水酸化アルカリを加えて得られる黄褐色粉末。水および希酸に不溶。濃酸にはいくぶん溶ける。固体を熱すると酸化クロム(III)Cr2O3となる。 2Cr(OH)2―→Cr2O3+H2+H2O強い還元剤である。
[水酸化クロム(III)]
 化学式Cr(OH)3。実際にCr(OH)3なる形の化合物は得られず,Cr2O3nH2Oが普通であり,これを水酸化クロム(III)と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水酸化クロム
すいさんかくろむ
chromium hydroxide

クロムの水酸化物であるが、二価および三価クロムの化合物が知られている。
(1)水酸化クロム() 化学式Cr(OH)2、式量86.2。空気を断ったクロム()塩水溶液にアルカリを加えて得られる黄色沈殿。水素を通じながら硫酸上で乾燥すると褐色粉末となる。水および希酸に不溶。強い還元剤である。
(2)水酸化クロム() 化学式Cr(OH)3、式量103.03となるが、実際にはこの組成のものを得るのは困難で、クロム()塩水溶液にアルカリを加えて中性にし、加水分解させると、灰緑色の酸化クロム()水和物CrO3nH2Oの沈殿を生じ、これを一般に水酸化クロム()とよんでいる。水に不溶。生成したばかりのものは酸に易溶であるが、長時間放置すると溶けにくくなる。水酸化アルカリには溶ける両性物質。(1)、(2)とも空気中で熱すれば脱水されて酸化クロム()となる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android