水酸化物イオン(読み)すいさんかぶつイオン(英語表記)hydroxide ion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「水酸化物イオン」の解説

水酸化物イオン
すいさんかぶつイオン
hydroxide ion

俗に,水酸イオン,またはヒドロキシイオンという。 OH- で表わされる陰イオン塩基を水に溶かしたり,陰イオンの加水分解によっても生じる。純水中には 10-7mol/l の OH- が存在し,この値は純水中の水素イオン濃度の値に等しい。中和とは H+ と OH- が反応し,水を生じる反応である。水素イオンモル濃度逆数常用対数pHlog 10(1/[H+]) で表現されるのに対応し,水酸化物イオンのモル濃度の常用対数を pOH= log 10(1/[OH-]) で表わす。一般に 25℃で pH+pOH=14 という関係がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版「水酸化物イオン」の解説

水酸化物イオン
スイサンカブツイオン
hydroxide ion

OHのこと.中性遊離基の名称はヒドロキシルであるが,ヒドロキシルイオンとはいわない.有機化合物の置換基OHはヒドロキシと命名される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「水酸化物イオン」の解説

水酸化物イオン

 OH構造をもつイオン.水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどを水に溶かすと生成する.水溶液中で強い塩基性を示す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android