コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永世禄 えいせいろく

3件 の用語解説(永世禄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永世禄
えいせいろく

明治維新の際,華族および士族に下賜された無期限の家禄。明治2 (1869) 年の版籍奉還後,旧藩主,藩士にそれまでの家禄の 10分の1を永世禄として給付したもので,1875年の秩禄処分により全廃された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

えいせいろく【永世禄】

1869年(明治2)版籍奉還ののち、華族・士族に与えられた無期限の家禄と賞典禄。旧藩主および藩士には家禄の10分の1を支給、維新の功臣には賞典禄を支給した。76年、秩禄処分により解消。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の永世禄の言及

【金禄公債】より

… 華士族に交付される金禄公債の額の算定方法は,金禄公債証書発行条例に規定されているが,概要は次のとおりである。永世禄(代々その家に対し永久に支給される家禄)の場合,家禄高(家禄は1875年9月定額の現金支給,すなわち金禄に改められていた)100円未満の者に対しては,家禄高を6級に分け,家禄高の11.5~14年分に相当する額の7分利付公債を交付し,家禄高100円以上1000円未満の者については13級に分け,その7.75~11年分相当額の6分利付公債を交付し,家禄高1000円以上の者については11級に分け,その5.5~7年分相当額の5分利付公債を交付する。そして終身禄(一代限り支給家禄)の者には,永世禄の半額,年限禄の者には,年限の長短によって6級に分け,それぞれ永世禄の15~40%の額の公債を交付する。…

※「永世禄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone