永世禄(読み)えいせいろく

  • 永世×禄

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治維新の際,華族および士族に下賜された無期限の家禄。明治2 (1869) 年の版籍奉還後,旧藩主藩士にそれまでの家禄の 10分の1を永世禄として給付したもので,1875年の秩禄処分により全廃された。維新の功臣に与えられた賞典禄のなかにも終身禄年限禄のほか永世禄とされたものがあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

1869年(明治2)版籍奉還ののち、華族・士族に与えられた無期限の家禄と賞典禄。旧藩主および藩士には家禄の10分の1を支給、維新の功臣には賞典禄を支給した。76年、秩禄処分により解消。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の永世禄の言及

【金禄公債】より

… 華士族に交付される金禄公債の額の算定方法は,金禄公債証書発行条例に規定されているが,概要は次のとおりである。永世禄(代々その家に対し永久に支給される家禄)の場合,家禄高(家禄は1875年9月定額の現金支給,すなわち金禄に改められていた)100円未満の者に対しては,家禄高を6級に分け,家禄高の11.5~14年分に相当する額の7分利付公債を交付し,家禄高100円以上1000円未満の者については13級に分け,その7.75~11年分相当額の6分利付公債を交付し,家禄高1000円以上の者については11級に分け,その5.5~7年分相当額の5分利付公債を交付する。そして終身禄(一代限り支給家禄)の者には,永世禄の半額,年限禄の者には,年限の長短によって6級に分け,それぞれ永世禄の15~40%の額の公債を交付する。…

※「永世禄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android