秩禄処分(読み)ちつろくしょぶん

日本大百科全書(ニッポニカ)「秩禄処分」の解説

秩禄処分
ちつろくしょぶん

1876年(明治9)明治政府が、華・士族金禄公債交付して、彼らに対する家禄賞典禄の支給を廃止した処分。明治政府は、廃藩置県後も、従来の公家(くげ)、領主武士(これらは1869年華族・士族という二つの族籍に整理された)に対し、旧幕以来の家禄と、維新績により政府が与えた賞典禄とを引き続き支給していた。そのための財政負担は、当初歳出の45%に達し、近代国家樹立を目ざす政府にとって家禄・賞典禄処分は差し迫った課題となった。また1873年に公布された徴兵令は、武を常職とする士族の存在理由をなくし、同年の地租改正は、家禄の源泉である封建貢租を、近代的租税の形をとった地租に変えてしまった。こうした事情を背景にして、政府は、政府内部の反対を押さえながら徐々に家禄整理を進めた。まず73年12月、家禄税と家禄奉還制度をあわせ実施し、家禄には禄高を335段階に分けた累進税を課し、奉還希望者には家禄六か年分を現金と秩禄公債とで一時に交付し、平民身分に編入した。ついで75年9月には、家禄・賞典禄をすべて定額の現金支給に改めた(これを金禄と称する)。これらの措置ののち、秩禄処分を断行し、旧領主階級を完全に解体したのである。これに対し、各地の士族は強く反発し、神風連(しんぷうれん)・秋月(あきづき)・萩(はぎ)の乱や西南(せいなん)戦争などの士族反乱が勃発(ぼっぱつ)した。反乱鎮定後、士族層の多くは窮乏し没落していった。

[丹羽邦男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「秩禄処分」の解説

秩禄処分【ちつろくしょぶん】

明治政府が歳出の3割にも及ぶ旧武士,公卿たちの秩禄(家禄,賞典禄)を廃止するためにとった施策。1869年版籍奉還に際して公卿・諸侯を華族,家臣を士族・卒とし,知事(旧諸侯)の禄高を藩高の10分の1とした。次いで士族,卒,皇族以下全公卿の家禄も削減し,また帰農商を奨励,その資金として禄高5ヵ年分相当を支給した。さらに廃藩置県後の1873年からは家禄奉還者に一時賜金と秩禄公債を交付して1875年の家禄奉還中止までに有禄者の約3分の1を整理。同年米禄を金禄に変更,1876年残っていた有禄者に金禄公債を交付して秩禄を全廃した。この一連の措置は士族に深刻な打撃を与え,士族授産も行われたが,多くの士族が没落,士族の不満は大きく西南戦争など士族反乱の一因ともなった。
→関連項目井上馨国立銀行士族士族反乱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「秩禄処分」の解説

秩禄処分
ちつろくしょぶん

明治新政府が封建武士団に対する俸禄支給を整理,廃止した措置。明治2 (1869) 年版籍奉還に伴って,従来の藩の知行高は 10分の1に削減された。そののち,廃藩置県によって,全国の士族に対する家禄賞典禄などの秩禄は,明治新政府によって支給されることになった。しかし政府はその支出が膨大であるため,士族の授産の道を勧誘するとともに,秩禄支給を打切る政策を進めた。 1875年9月俸禄を米から金禄に切替え,次いで翌年8月金禄公債条例 (→金禄公債 ) を公布して,これまでの禄高に応じた額面の金禄公債証書を一時金として支給するとともに,以後の俸禄支給を打切った。この措置は,実業に馴れない士族層の没落を決定的にし,社会不安を引起した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「秩禄処分」の解説

秩禄処分
ちつろくしょぶん

明治政府によって行われた家禄および賞典禄の整理廃止
旧封建家臣団の解体政策である。政府は,1869年版籍奉還に伴う身分制度の改革とともに旧藩主藩士や公卿の家禄を削減する禄制改革を行い,また廃藩置県('71)後,家禄奉還者への一時賜金および秩禄公債の交付によって,全士族の約3分の1に及ぶ禄制整理を実施した。'75年秩禄の支給方法も現米から貨幣に改め,'76年には金禄公債を支給して,封建制度数百年にわたる秩禄制度を全廃した。これにより多くの士族は急速に没落した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「秩禄処分」の解説

ちつろくしょぶん【秩禄処分】

1876年8月,明治政府が金禄公債証書発行条例を公布し,華士族への家禄支給を全廃した処置。
[維新後の領主・武士層]
 近世期に,幕臣・各藩武士団内部のそれぞれがもっていた厳しい身分秩序は,幕末・維新の動乱のなかで急速に崩れていった。しかし,それでも維新に功のあった一部の公家・武士は,旧来の身分にかかわりなく政府の要職につくことができた。1869年(明治2)6月,政府が領主・公卿を華族,武士を〈一門以下平士ニ至ル総テ〉士族と称することを達して,武士層内部の身分秩序の整理をはかったのは,以上の事情を反映したものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の秩禄処分の言及

【金禄公債】より

…1876年8月5日,明治政府は領主・公卿・武士らへの家禄支給を廃し,代りに公債を交付することを令した(太政官布告108号)。これを秩禄処分といい,この公債が金禄公債である。これによって,封建支配層としての領主・武士層は消滅し,彼らはすべて公債を所有する利子生活者となった。…

【知行】より

… 1867年(慶応3)大政奉還によって幕府が倒れた後も大名領は朝廷の下に維持されていたが,明治政府は69年(明治2)版籍奉還を行うとともに武士階級を華・士・卒族に編成替えし,71年廃藩置県によって大名とその家臣団の土地領有権を否定した。ただししばらくの間は,知行地の年貢や俸禄に相当する家禄を,政府が肩代りして華士族に支給していたが,やがてこれも整理にむかい,75年には金禄公債を一時に交付することによって,家禄の支給をすべて打ち切り(秩禄処分),近世的知行とそれに由来する家禄も完全に消滅した。【大口 勇次郎】。…

※「秩禄処分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android