コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井かな ながい かな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井かな ながい-かな

1906-1984 昭和時代の植物研究家。
明治39年生まれ。小・中学校教員をつとめるかたわら,近畿地方で3万点以上の植物を採集京大や鞍馬山自然科学博物館などにその標本が保存されている。京都植物同好会を主宰。昭和59年10月7日死去。78歳。京都出身。京都府女子師範(現京都教育大)卒。著作に「京都の野草図鑑」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井かなの関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android