コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井素岳 ながい そがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井素岳 ながい-そがく

1852-1915 明治-大正時代の書家。
嘉永(かえい)5年生まれ。松花堂流,勘亭(かんてい)流の書をよくし歌舞伎,邦楽にくわしかった。劇評もかき,清元青海波(せいがいは)」,長唄多摩川」の作詞者として知られる。大正4年5月14日死去。64歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

永井素岳

没年:大正4.5.14(1915)
生年嘉永5(1852)
明治大正期の書家。歌舞伎や三味線音楽を愛好した通人劇作家福地源一郎(桜痴)と親交する。雑誌『歌舞伎』(1900~15)の劇評や長唄・清元節の作詞に筆を揮った。代表作は清元節「青海波」,長唄「多摩川」など。新橋,柳橋など花柳界の顧問や音楽学校邦楽調査委員も務めた。

(竹内有一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

永井素岳の関連キーワード清元 延寿太夫(5代目)横山 さき大正時代没年小唄