コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田佐吉 ながた さきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田佐吉 ながた-さきち

1701-1789 江戸時代中期の商人。
元禄(げんろく)14年生まれ。幼少のころ名古屋の紙屋に奉公にでる。勉学心がつよく仲間にそしられて暇をだされる。郷里の美濃(みの)(岐阜県)にかえり綿の仲買で成功した。母に至孝,主家に忠誠,社会に公徳をつくし,信仰心あつく仏佐吉とよばれた。寛政元年10月10日死去。89歳。号は実道,覚翁。
【格言など】存生の親に百味の飲食(おんじき)を供へし心世にも嬉しき(母の病気全快を詠んだ歌)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永田佐吉の関連キーワードフランス革命総合年表(アメリカ)フランス史(年表)喜多川歌麿曲芸ベルサイユ細田栄之ルフェーブル(Georges Lefebvre)ワシントン(George Washington)浅野長矩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android