コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田善斎 ながた ぜんさい

2件 の用語解説(永田善斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

永田善斎

江戸前期の儒者。京都生。名は道慶、字は平安、別号に石薀・沕潜居・陶澄居士。藤原惶窩・林羅山に学ぶ。徳川頼宣に仕えて和歌山藩儒となる。『膾余雑録』等の著がある。寛文4年(1664)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田善斎 ながた-ぜんさい

1597-1664 江戸時代前期の儒者。
慶長2年生まれ。永田格庵の父。京都の人。藤原惺窩(せいか),のち林羅山(らざん)にまなぶ。駿府(すんぷ)(静岡市)で徳川頼宣(よりのぶ)につかえる。頼宣の紀伊(きい)転封にともない和歌山藩でおしえた。寛文4年4月3日死去。68歳。名は道慶。字(あざな)は平安(庵)。通称は善吾。別号に石蘊,沕潜。著作に「膾余(かいよ)雑録」「文選髄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

永田善斎の関連キーワード飯田東渓飯室小櫃菅仲徹菊池元春周哲太兵衛中村信斎深尾訒亭本内意慎茂呂鼇岳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone