コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永谷晴子 ながたに はるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永谷晴子 ながたに-はるこ

1909-2003 昭和時代の社会運動家。
明治42年4月9日生まれ。昭和16年から神戸にすみ,羽仁もと子の「全国友の会」にくわわり,主婦の内職の組織化につとめる。22年灘(なだ)生協(のち灘神戸生協)にはいり,24年理事。自作紙芝居の巡演,家庭会の組織づくりなどにより生協活動の基礎をきずいた。のち日本生活協同組合連合会理事。平成15年2月13日死去。93歳。東京出身。秋田女子師範卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永谷晴子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android