コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求那跋陀羅 ぐなばっだらGuṇabhadra

1件 の用語解説(求那跋陀羅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

求那跋陀羅
ぐなばっだら
Guṇabhadra

[生]394
[没]泰始4(468)
中国における訳経僧の一人。号は摩訶衍。功徳賢と訳す。中インドバラモンに生れ,幼時から諸学に通じていたが,仏典に接して出家。初め部派仏教を学び,のち大乗を学んだ。のち,海路を経て広州に上陸し,祇 洹寺に住んで経典の翻訳に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の求那跋陀羅の言及

【絵因果経】より

…《過去現在因果経》に,その経意をあらわす絵を加えた絵巻をいう。《過去現在因果経》は,5世紀に求那跋陀羅(ぐなばつだら)によって漢訳された全4巻の仏伝経典で,釈迦の過去世(前世)の善行(本生譚すなわちジャータカ)と現世での事跡(仏伝)を記し,過去世に植えた善因は決して磨滅することなく果となって現在に及ぶことを説いている。絵巻では,紙面を上下2段に分け,下段は経文を1行8字にして書き,上段にはこれに対応する情景を連続的に描きならべ,全8巻に仕立てている。…

【勝鬘経】より

…原題《シュリーマーラーデービー・シンハナーダ・スートラŚrīmālādevī‐siṃhanāda‐sūtra》。サンスクリット原典は失われ(断片は他書に引用されている),チベット語訳と2種の漢訳(求那跋陀羅(ぐなばだら)訳,菩提流支訳)が現存。広く用いられるのは求那跋陀羅訳《勝鬘師子吼一乗大方広方便経》である。…

※「求那跋陀羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

求那跋陀羅の関連キーワード三経義疏債権譲渡大雪の被害と市民生活への影響グアダラハラ西燕前秦ティケット・トゥ・ライドコルトステオポンポス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone