江口榛一(読み)えぐち しんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江口榛一 えぐち-しんいち

1914-1979 昭和時代後期の詩人,社会運動家。
大正3年3月24日生まれ。戦時の反省をもとに,聖書にみちびかれて詩作し,受洗。教会活動に満足できず,個人の実践を重視し,昭和31年「地の塩の箱」運動をはじめる。資金面の苦悩から昭和54年4月18日自殺。65歳。大分県出身。明大卒。本名は新一。詩集に「荒野への招待」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android