江口榛一(読み)えぐち しんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江口榛一 えぐち-しんいち

1914-1979 昭和時代後期の詩人,社会運動家。
大正3年3月24日生まれ。戦時の反省をもとに,聖書にみちびかれて詩作し,受洗。教会活動に満足できず,個人の実践を重視し,昭和31年「地の塩の箱」運動をはじめる。資金面の苦悩から昭和54年4月18日自殺。65歳。大分県出身。明大卒。本名は新一。詩集に「荒野への招待」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android