江口榛一(読み)えぐち しんいち

  • 江口榛一 えぐち-しんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1914-1979 昭和時代後期の詩人,社会運動家。
大正3年3月24日生まれ。戦時反省をもとに,聖書にみちびかれて詩作し,受洗。教会活動に満足できず,個人の実践を重視し,昭和31年「地の運動をはじめる。資金面の苦悩から昭和54年4月18日自殺。65歳。大分県出身。明大卒。本名は新一。詩集に「荒野への招待」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android