コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江口週 えぐちしゅう

3件 の用語解説(江口週の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

江口週【えぐちしゅう】

彫刻家。京都府生れ。東京芸大卒。1965年第1回現代日本彫刻展で大賞。1974年平櫛田中賞。木肌を生かしつつ,表面に走る削り跡が微妙な表情を作り,スケール感の大きい木彫を生む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江口週 えぐち-しゅう

1932- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和7年4月3日生まれ。40年現代日本彫刻展で大賞,49年平櫛田中(ひらくし-でんちゅう)賞,52年中原悌二郎賞優秀賞を受賞。平成9年芸術選奨。木彫による抽象作品を制作する。京都出身。東京芸大卒。作品に「鍬形の碑」「砂上櫓」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江口週
えぐちしゅう
(1932― )

彫刻家。京都市に生まれる。1956年(昭和31)東京芸術大学彫刻科卒業。63年東京国立近代美術館の「彫刻の新世代」展に出品、65年の第1回現代日本彫刻展(宇部)で『砂上櫓(ろ)』が大賞受賞、同年ニューヨーク近代美術館の「新しい日本の絵画と彫刻」展に出品。宇部、神戸、箱根の野外彫刻展で木彫を主に活躍。67年、75年アントワープのミデルハイム野外彫刻ビエンナーレ展、68年第1回インド・トリエンナーレ展に出品、74年に第3回平櫛田中(ひらくしでんちゅう)賞を受賞した。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

江口週の関連キーワードアニオン電着塗装石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機新宿(区)スペイン映画密貿易ラジオ放送アイソン彗星

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江口週の関連情報