コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江崎礼二 えざき れいじ

2件 の用語解説(江崎礼二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江崎礼二 えざき-れいじ

1845-1909 幕末-明治時代の写真家。
弘化(こうか)2年3月3日生まれ。下岡蓮杖(れんじょう),のち上野彦馬にまなぶ。明治4年東京で写真館を開業。15年乾板を使用して隅田川での水雷の発火演習を撮影し,早撮りの江崎として知られる。天体写真や夜間撮影に成功した。明治42年6月7日死去。65歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

江崎礼二

没年:明治43(1910)
生年:弘化2(1845)
明治期の東京の写真師。旧来の湿式写真から,乾式の写真にいち早く転じ,早撮り写真で名声を博し,また写真館に来訪した客の幼児の写真を使って数百人の大コラージュ作品を作ったことなどでも知られている。

(平木収)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江崎礼二の言及

【写真】より

…それが〈芸術〉であるか否かは問題ではなかった。日本でも江崎礼二が隅田川で行われた水雷爆破の瞬間を撮影(1883)して,〈早撮り〉写真の評判を高めたが,これも初見の写真が驚異として迎えられたからにちがいない。記録写真は記念や確認という目的とともに,こうした心的作用もその成立・発展の大きな要因を形成しているものと考えられる。…

※「江崎礼二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江崎礼二の関連キーワード石橋松之助鵜飼玉川葛城思風木津幸吉日下部金兵衛小島柳蛙田村茂松浦栄守田来蔵渡辺勉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone