コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田九一 うちだ くいち

2件 の用語解説(内田九一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田九一 うちだ-くいち

1844-1875 幕末-明治時代の写真家。
弘化(こうか)元年生まれ。吉雄圭斎の甥(おい)。長崎でポンペに化学を,上野彦馬から写真術をまなぶ。慶応元年大坂で写真館をひらき,のち横浜・東京で開業。明治5年宮内省御用掛として明治天皇肖像写真を撮影し,有名となった。明治8年2月17日死去。32歳。肥前長崎出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

内田九一

没年:明治8(1875)
生年:弘化1(1844)
幕末明治期の代表的な写真師。長崎生まれ。オランダの医師ポンペが講ずる舎密試験所で化学の基礎を学び,上野彦馬の下で写真術を習得。明治1(1868)年大阪に写真館を開業し,評判を得て横浜,東京へと進出し,浅草に落ち着く。主要な業績として,宮内省御用達の写真師第1号であったこと,御真影写真を撮った最初の写真師であったことが挙げられる。また各地の風物や景勝地の撮影にも力量を発揮し,数多く日本紹介アルバムとして輸出された。明治初期の時代の寵児として名を馳せたが,32歳で夭折した。

(平木収)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内田九一の言及

【御真影】より

…翌年,断髪した天皇は,今度は洋装での写真を撮られ,それがかなり長期間使用される。ともに当時有名な写真家であった内田九一(くいち)の撮影になる。これらの写真は最初は下付を目的としていたのではないが,たちまち地方官庁,軍隊等々に下付され,それを拝跪する儀礼がおのずと始まっている。…

※「内田九一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内田九一の関連キーワード川之辺一朋五畜代表的五宝対応時間の法則トイチ清河磯次郎田本研造深沢恒造松尾サダ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内田九一の関連情報