コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田九一 うちだ くいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田九一 うちだ-くいち

1844-1875 幕末-明治時代の写真家。
弘化(こうか)元年生まれ。吉雄圭斎の甥(おい)。長崎でポンペに化学を,上野彦馬から写真術をまなぶ。慶応元年大坂で写真館をひらき,のち横浜・東京で開業。明治5年宮内省御用掛として明治天皇の肖像写真を撮影し,有名となった。明治8年2月17日死去。32歳。肥前長崎出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

内田九一

没年:明治8(1875)
生年:弘化1(1844)
幕末明治期の代表的な写真師。長崎生まれ。オランダの医師ポンペが講ずる舎密試験所で化学の基礎を学び,上野彦馬の下で写真術を習得。明治1(1868)年大阪に写真館を開業し,評判を得て横浜,東京へと進出し,浅草に落ち着く。主要な業績として,宮内省御用達の写真師第1号であったこと,御真影写真を撮った最初の写真師であったことが挙げられる。また各地の風物や景勝地の撮影にも力量を発揮し,数多く日本紹介アルバムとして輸出された。明治初期の時代の寵児として名を馳せたが,32歳で夭折した。

(平木収)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の内田九一の言及

【御真影】より

…翌年,断髪した天皇は,今度は洋装での写真を撮られ,それがかなり長期間使用される。ともに当時有名な写真家であった内田九一(くいち)の撮影になる。これらの写真は最初は下付を目的としていたのではないが,たちまち地方官庁,軍隊等々に下付され,それを拝跪する儀礼がおのずと始まっている。…

※「内田九一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内田九一の関連キーワード浅沼 藤吉明治時代守田来蔵北庭筑波

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android