コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江村専斎 えむら せんさい

2件 の用語解説(江村専斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江村専斎 えむら-せんさい

1565-1664 織豊-江戸時代前期の医師,儒者。
永禄(えいろく)8年生まれ。江村樸斎・剛斎・訥斎の父。京都の人。医術を秦宗巴(はた-そうは)にまなぶ。加藤清正,のち美作(みまさか)(岡山県)津山藩主森忠政につかえた。和歌もよくし,細川幽斎らとまじわる。100歳の長寿をたもち,その談話が伊藤坦庵により「老人雑話」としてまとめられている。寛文4年9月26日死去。100歳。名は宗具。別号に倚松庵。
【格言など】名利両(ふた)つながら望むべからず

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えむらせんさい【江村専斎】

1565‐1664(永禄8‐寛文4)
安土桃山,江戸前期の京都の儒医。名は宗具。号は専斎および倚松庵。秦宗巴に曲直瀬(まなせ)道三流の医術を学び,はじめ加藤清正,ついで森忠政に仕官。禁裏に近い新在家に住し,和歌にも長じ細川幽斎木下長嘯子らと交遊,また長寿の秘訣を後水尾上皇に奏聞して鳩杖を下賜された。100歳の長寿を保ち,動乱の時代に生きた専斎の体験や伝聞を,伊藤坦庵が筆録したのが《老人雑話》である。【鎌田 道隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の江村専斎の言及

【老人雑話】より

…近世初期に成立した随筆。儒医江村専斎(1565‐1664)の談話を門人伊藤坦庵(宗恕)が筆録編集した書。2巻。…

※「江村専斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

江村専斎の関連キーワード足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝江村専斎老人雑話工藤治兵衛南部重直秋田藩田村市都路

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone